無料で調査

ハードディスク

可能か不可能かを考える

BtoBの場合、実績以外での復旧業者の判断が難しいもので、その場合には信頼に足りるサービスを提供しているのかがポイントになり、大手企業からの声で判断できるでしょう。データ復旧に関しては、費用も気になるでしょう。相場や目安となるのは業者による復旧率ですが、データ復旧可能だった件数のみならず、全ての調査・依頼数から確認すべきなのです。完全削除されていては意味もないパーセンテージですし、修復できないデータ障害もあるでしょう。復旧可能・不可能な依頼、これを集計しているかを確認すべきで、業者の弱点は対象外になっている内容ということになります。他社やメーカーにてデータ復旧依頼をしたところで、完全復旧が不可能だった場合でも、高い技術と適正価格であればまずは安心です。もちろん評判の良さは、業界トップクラスという謳い文句ですし、決して自社のみで解決せずにシェア(連携や提携)も行うことで実績をあげているようです。どんな障害状況でも、得意・不得意分野をさらけ出し、不得意分野はシェアをして復旧可能なサービスに努めてくれます。初期調査費用というのは、本契約前なので、無料を謳うケースが一般的に多いものの、これは契約を行うことが前提になる場合もあるので注意も必要です。またBtoBならば作業中、電子機器が使えないことになれば、業務に支障が出る可能性も否めず、初期調査期間もチェックすべきで、概ね、媒体到着後、2日間が理想的な期間だといいます。